since2006
*出店のお知らせ*

 

明治100年記念事業の一端として日本で初めての国営公園として開設された森林公園。広さ約304haの園内では四季折々の自然が楽しめるそうです。Happy Spring Park期間の今月はさまざまなイベントが催されているそうなので、お近くの方は是非あそびにいらしてくださいね。

 

botanica picnico

❁3月17日 10:00−15:30

❁国営武蔵丘陵森林公園 西口ひろば

 

 

 

手づくり市 comments(2) 
Today's sketch

 

庭では次々と花が咲き始めて、今日は東北に想いを馳せながら久しぶりに「春と修羅」を読みました。宮澤賢治さんにとって詩は心象のスケッチだったそうです。個を超えた普遍的な心象を写しとっているのだと。刊行当初はあまり評価されなかった作品ですが、今では近代詩の記念碑的著作に。「肉体という電燈が無くなっても光はたもたれる」そんな書出しから始まります。

 

 

わたくしといふ現象は
假定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
風景やみんなといっしょに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です

これらは二十二箇月の
過去とかんずる方角から
紙と鑛質インクをつらね
ここまでたもちつゞけられた
かげとひかりのひとくさりづつ
そのとほりの心象スケッチです

 

「春と修羅」序より

 

 

 

 

本棚 comments(0) 
Today's creation

 

 

 

元素の成り立ちや身辺にどれくらい含まれていて、何に使われているのか等・・・きれいな写真でこの世界のことを解らせてくれるすてきな本でした。

 

 

 

 

 

革道 comments(1) 
螢石

 

福島県  螢石 フローライト ハロゲン化鉱物 主成分 フッ化カルシウム 

いろいろと調達してきました。

 

 

 

 

鉱物標本箱 comments(6) 
Today's detour

 

指扇の「馬と芸術の森 桃月園」へ。河川敷サイクリングコースの直ぐ脇にあって、ロードバイカー達が骨休めをする穴場スポットになっているそうです。

私も旅先や登山の途中など歩き疲れてうずくまっているとき必ずいつも馬車が通りかかって、そのまま疲れを持ち去ってくれたかのように元気になってしまうことが何度かありました。ずっと眺めていたかったけれど、お仕事が残っているので足早に。盆栽ギャラリーなどもあるみたいなので、また癒されにきたいと思います。

 

 

遊馬苑(乗馬)/成勝園(盆栽)

❧さいたま市西区西遊馬3131

 

 

 

 

動物図鑑 comments(0) 
渋沢栄一さん

 

ここ数ヶ月、四つ角を曲がったところに必ず居る渋沢栄一さん。ちょっぴり苦手分野でしたが伝記を読んでみることに。

一橋慶喜の家臣。大蔵省の礎を築く。第一国立銀行、製紙、郵船など500あまりの会社設立に貢献。道徳経済合一説の提唱。そして読み進めていくうちに数年前に訪れた紙の博物館のお隣にもいらしていたことが分かりました。
 

渋沢栄一さんの書庫として建てられた青淵文庫。

 

国内外の客人を迎えるときに使用されていた洋風茶室「晩香廬」

博物館のある北区飛鳥山公園はもともとは渋沢栄一さんの邸宅や別荘があった敷地だったそうです。公益のために天保から昭和初期までを駆け抜けた身長150cmの偉大な翁さんに、これから待ちうける怒とうの計算業務への気合を入れてもらいました。

 

「論語と算盤というかけ離れたものを一つにするという事が最も重要なのだ」

 

「真似をするときには、その形ではなく、その心を真似するのが良い」

 

 

 

 

見聞録 comments(4) 
Today's microcosm

 

ヒアシンスもようやく。今年は苔栽培にしてみました。

 

 

 

 

植物図鑑 comments(0) 
Today's transformation

 

壁掛け時計をリメイクして、あじさいのドライの飾り棚に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

革道 comments(5) 
ギョリュウバイ

 

今年最初にお迎えしたお花です。少し儚げなところと和洋折衷な姿に惹かれて。

立春の今日、埼玉は気温19度に。遠ざけていた雑務がとても捗った日です。

 

 

 

植物図鑑 comments(1) 
Today's handworks

 

 

鷲宮参拝のあとは隣市の幸手にある雷電神社へ。

途中、上庄かふぇさんでお茶休憩を🌱

江戸時代に醤油醸造業を営んでいた商家の一部を久喜の職人さんがリノベーションされたそうで、店内も当時の面影が残されていて素敵でした。国登録有形文化財に指定されているそうです。

 

道すがらにも愉しい発見がたくさんある街でした。

 

 

❧雷電神社

幸手市中四丁目21-10

❧上庄かふぇ

幸手市中二丁目1−9

 

 

 

見聞録 comments(2) 
| 1/73 | >>