since2006
Acoustic Village

 

今年もさいたまアリーナけやき広場で開催のAcoustic Villageへ行ってきました。今日はあいにく台風の影響で中止になってしまったようですが明日は予定通り開催されるそうです。

 

 

見聞録 comments(0) 
Today's Rainbow

 

 

 

見聞録 comments(2) 
Today's work

 

鹿島工業地帯のほうへ近づいて海側からの陸側の眺めです。

鉄鋼や火力発電、海上保安庁や世界との貿易船などが。

かつて農地を手放して工場で働くことを余儀なくされた方達が大勢いらしたのだと思います。

雨のほうは持ちこたえてくれました。その代わり帰り道で夜行性の虫たちのフロントガラスアタック攻撃を受けてきました。

 

 

 

 

見聞録 comments(5) 
港公園

こちらにある展望塔は近代的な造形で、最上階は外に出られるようになっていました。柵はあったのだけど、ちょっぴり怖かったです。

 

 

近くの鹿島臨海工業地帯が見渡せました。

この国を支えてきてくれた方達の聖域は別世界に感じられて、製鉄の匂いと周期的に響いてくるサイレンの哀愁が忘れられません。

 

そのあと日本で初めて海上に建てられたという風力発電がある砂丘のほうへむかいました。ラジオからは各地で大雨という情報が。着く頃にはこの辺りにもすっかり霧がたちこめていて、なんとかぎりぎり隠れてしまう前に見ることができました。

 

 

 

見聞録 comments(0) 
牛久大仏

 

昨日は渋滞と雨回避作戦ツアーに参加してきました。北本から圏央道に乗って目的地の鹿島神栖方面へ。

途中で牛久大仏さんの後頭部が見えてきたので、まだ先は長かったのだけど少し寄り道をすることに。

予想外に大きくて感動しました。丁度、お盆だったので立ち寄れて良かったです。明日は無数の燈籠が並ぶ万燈会の日で、ご先祖さまを偲ぶ行事がおこなわれるそうです。

 

 

 

見聞録 comments(0) 
天使にショパンの歌声を

 

 

もうひとつの出会いは映画から聴こえてきました。ビデオやさんでお目当ての映画がみつからなくて最新作のコーナーにぽつんと置かれていたこちらを借りることに。

廃校の危機に瀕した修道院の音楽学校が舞台で、音楽という祈りの形でその危機を乗り越えようとするお話なのですが、鍵を握る生徒が修道院長の前でバッハをジャズ風に弾いてしまうような反抗的な女の子。美しいカナダのケベックを背景に、流れる名曲はもちろん、身に起きた苦難も受け入れようともがく人々の姿に感動しました。

 

 

見聞録 comments(2) 
Domenico Cimarosa

 

今日は素晴らしい音楽といくつも出会うような日でした。

「私が生涯において情熱をこめて愛したのは、CIMAROSA、Mozart、Shakespeareだけである。」

音楽や絵画にも精通していた19世紀フランスの文豪スタンダールの言葉です。CIMAROSAは7歳の時に孤児になりパンやで働いていましたが音楽に異常な才能を示したので、ひとりの宗教家が彼に音楽の手ほどきをしたと伝えられています。ガブリエル・フォーレのレクイエムとはまた違うおだやかで慈悲にみちた旋律に涙がこぼれました。

 

 

 

見聞録 comments(0) 
ジョンソン・タウン

入間方面に用事があったので、ずっと訪れてみたかったアメリカンな家が立ち並ぶジョンソン・タウンに寄ってきました。

福生のほうは良く訪れるのに、こちらには初めて。心躍るような雑貨店や多国籍な飲食店など・・・町全体の景観がとても可愛くて、お腹を空かせてまた訪れたいです。Ra-の遊び道具をおみやげに買って帰りました。

 

 

 

 

見聞録 comments(2) 
さきたま古墳公園

 

見分けがむずかしいですが、千葉県産の大賀蓮もきれいでした。

蓮の里の後は車で5分程の所にある古墳公園へ。

 

前方後円墳八基と円墳一基からなる大型古墳群。

日本のピラミッドですね。

博物館で少し歴史の勉強も。

 

知らず知らずに沢山歩いていて良い運動になりました。

梅酢で漬けられた蓮の芽、とても美味しいです。

 

 

 

見聞録 comments(3) 
ローマ字の日

 

今日はローマ字の日。

 

常設展示物が置かれている館内はクラシカルな素敵な建物でした。

 

 

調査、採集、記録、研究・・・博物館という場所は情熱そのものだなぁっと今回も感動してきました。

 

 

 

見聞録 comments(0) 
| 1/6 | >>