since2006
渋沢栄一さん

 

ここ数ヶ月、四つ角を曲がったところに必ず居る渋沢栄一さん。ちょっぴり苦手分野でしたが伝記を読んでみることに。

一橋慶喜の家臣。大蔵省の礎を築く。第一国立銀行、製紙、郵船など500あまりの会社設立に貢献。道徳経済合一説の提唱。そして読み進めていくうちに数年前に訪れた紙の博物館のお隣にもいらしていたことが分かりました。
 

渋沢栄一さんの書庫として建てられた青淵文庫。

 

国内外の客人を迎えるときに使用されていた洋風茶室「晩香廬」

博物館のある北区飛鳥山公園はもともとは渋沢栄一さんの邸宅や別荘があった敷地だったそうです。公益のために天保から昭和初期までを駆け抜けた身長150cmの偉大な翁さんに、これから待ちうける怒とうの計算業務への気合を入れてもらいました。

 

「論語と算盤というかけ離れたものを一つにするという事が最も重要なのだ」

 

「真似をするときには、その形ではなく、その心を真似するのが良い」

 

 

 

 

見聞録 comments(4) 
Today's handworks

 

 

鷲宮参拝のあとは隣市の幸手にある雷電神社へ。

途中、上庄かふぇさんでお茶休憩を🌱

江戸時代に醤油醸造業を営んでいた商家の一部を久喜の職人さんがリノベーションされたそうで、店内も当時の面影が残されていて素敵でした。国登録有形文化財に指定されているそうです。

 

道すがらにも愉しい発見がたくさんある街でした。

 

 

❧雷電神社

幸手市中四丁目21-10

❧上庄かふぇ

幸手市中二丁目1−9

 

 

 

見聞録 comments(2) 
初詣。

 

年始に久喜にある関東最古の神社でお酉様の本社といわれている鷲宮神社へ行って来ました。

 

国指定重要無形民俗文化財 土師一流催馬楽の神楽殿

 

とても久々の久喜市参りでした。

 

 

 

見聞録 comments(6) 
2019。

 

 

 

 

Warm wishes for the glorious coming year

 

TФK

 

 

 

 

見聞録 comments(8) 
Today's cycling

 

秋ヶ瀬公園で開催のバイクロアイベントへ。

 

今日はぽかぽかで颯爽と漕ぐには気持ちいいサイクリングびよりでした。

 

 

 

 

見聞録 comments(0) 
Today's beans

 

蔦屋さんで千葉八街産豆の製菓をおみやげに。11日ピーナッツの日は奇しくもピーナッツの国にお邪魔することになりました。

 

 

昨年オープンされたばかりだそうで、すてきな景観の中に寛げるスペースがたくさん。休日を思い思いに憩う人たちの姿が。

わたしにとっては何時間居ても飽きることのないような場所での出店。近所にあったらきっと毎週のように通ってしまいそうです。

お立ち寄りお買い上げくださいました皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

見聞録 comments(2) 
京葉工業地域

 

 

喧騒と隣り合わせの夜の工場地帯。周期的に響いてくるサイレンが少しもの哀しく聴こえました。

 

 

 

 

見聞録 comments(0) 
Today's work

 

 

木更津でのイベントの後に地魚料理を頂いてきました。お店を出る頃にはマジックアワーになっていたので、市内を見渡せる展望タワーへ少し寄り道を。

煙突がたくさんある辺りは製鉄所だそうです。アクアラインが渋滞しているのも分かりました。

 

ちば眺望100景、夜景100選に選ばれている場所だそうです。今年は地震や災害などで資源やエネルギーのありがたみを痛感せずにはいられない夏でした。

 

 

 

 

 

見聞録 comments(4) 
マルチェロ・マルピーギ

 

特別展「人体 神秘への挑戦」 図録

 

科博の人体展で知ってから関心を寄せているイタリアの医師マルチェロ・マルピーギさん。人体組織や動植物の観察に顕微鏡を用いた顕微解剖学の創始者で、動脈と静脈を繫げている毛細血管を発見して血液循環説を実証させた方だそうです。両親が営む農園で育ったマルピーギさんは植物にも精通して、導管や昆虫の皮膚呼吸なども発見。若くして両親、祖父母と死別した時に一度学問をあきらめてしまうのですが、医学博士となって、のちにローマ法王の侍医に。天才ダ・ヴィンチさんの脇で目立ちはしませんでしたがとても強く心に残りました。

 

 

 

 

 

 

 

見聞録 comments(0) 
聖天宮

 

もう先月のことになってしまいましたが、坂戸にある道教のお宮にお礼参りに行ってきました。お正月に訪れたときは少し殺風景に思えましたが、この日は麦畑と共演している姿で出迎えてくれました。

 

本場台湾の宮大工さんを呼び寄せて建立までに長い年月を費やしただけあり、荘厳な迫力に圧倒されてしまいます。だけど穏やかで悠久な気持ちにもなれる不思議な場所。またいつか。

 

 

 

見聞録 comments(0) 
| 1/8 | >>