since2006
ヴァニタス

 

Reading on a rainy day

ヴァニタスは、生の儚さや、現世の空しさ、命の短さなどのReminderのような役割をもった静物画の寓意です。 

 

 

少し淋しげな雰囲気を伴いながらも気魄も伝わってくるような素晴らしい絵の数々でした。

 

Bagの新作にむけて、試作をくりかえしています。

 

 

 

 

動物図鑑 comments(0) 
フライングディスク

 

Ra−へのおみやげには、このフライングディスクを。ジョンソンタウンに専門店があって、部屋でも投げて遊べるというサイズのものを買ってきました。店内は競技の歴史が分かるようなヴィンテージなかっこいいディスクもびっしり飾られていて、オーナーさんが飛ばし方もやさしく教えてくれました。近くには買ってすぐに遊べるような大きな公園も。

肝心のRa−の反応はというと・・・飛ばした方向へ駆け寄っていってすごく嬉しそうです。猫用のおもちゃに全然興味を示さない子だったから良かった。

そしてディスクは私が拾いにいくという少し理想とは異なる遊びを繰り広げています…。

 

 

 

動物図鑑 comments(0) 
Today's book

 

 

雨の日に読んでいます。

峻厳な山懐や、断崖、砂塵の荒野などを一昼夜で100マイル走りぬく世界一過酷なアメリカのレース「テヴィス・カップ・ライド」。乗馬経験の一度もない還暦を前にした人がそれに挑んだ実話で、これは続編になります。

馬との熱い友情の話や、人生で起こる様々な哀しい出来事や病・・・レースのように険しい道を家族と乗り越えていく姿に励まされています。

 

 

 

動物図鑑 comments(0) 
蝙蝠

 

 

明け方四時ごろ、どすんっという音が。階段を一気に駆けのぼるいつものハッスル中に足を踏み外して鼻を強打している子がいました。

 

 

 

 

 

 

動物図鑑 comments(2) 
Today's Bird

 

今日は愛鳥の日。

 

 

そして今日はヤツデが茂りすぎて他の植物に陽が当らなくなってしまい苦渋の決断で枝を何本か伐採しました。植木鉢もいくつか処分して風通しも良くしました。

せっかく成長してくれたのに、ごめんね。

 

 

動物図鑑 comments(0) 
Today's monster

 

多肉植物も日に日にモサモサしてきました。

 

琥珀のかけらが降り注ぐときは、モサモサの確認がしやすくなります。

 

ナイトクラブやキャバレーのポスター画家として有名なロートレックさんも、子供の頃は動物の絵を熱心に描いていたそうです。絵筆を握る手を強くさせたのは濃化異骨症で足の成長が止まってしまったことだったそうです。見た目は悲惨だったり醜かったりしても、それでも人生は美しいという彼の言葉が胸に突き刺さりました。

 

 

動物図鑑 comments(2) 
ララランド

 

今朝の地震、怖かったですね。

ララランドというのは陶酔の世界と訳されますが、至福感、心地よさ、安らぎの感覚・・・そんな感じかな?おだやかな時には簡単でも、おだやかじゃない時にその境地を生み出すのはむずかしいですね。

意味は違いますが、Ra-にとってのララランドに行ってきました。自転車のかごに乗って遠出するのが好きな子なんです。明日からまた寒くなるので猫びよりの今日のうちに。

 

 

 

Ra-のお気に入りの秘密基地。

 

 

 

撮ってもいい?って聞いたら、首をくるっと向き変えてキメポーズしてくれました。

すれ違った高校生たちが「わぁきれい」って言っていたのが、なんだか嬉しかったです。

 

 

動物図鑑 comments(0) 
まぐろ祭の日。

長くは生きられないといわれていましたが、今日無事に6歳の誕生日を迎えることができました。

 

 

 

母親と早くに引き裂かれた子特有の病気をかかえていますが、今日も全開なので、きっと大丈夫です。

 

 

 

動物図鑑 comments(4) 
笹蟹

今日のおさるさんはなんだかいつもと様子が違い、わたしに背を向けて壁の一点をずっと見つめていました。

遊んでもらえないから拗ねてるのかな?と思ったら

どこからか入ってきた蜘蛛を見ていたのでした。昔の人は蜘蛛のことを笹蟹と呼んでいたそうです。

あ゛

かわいそうなことにならないうちに外に逃がしてあげました。

 

✻¸¸.•✿

 

 

 

 

動物図鑑 comments(0) 
さる・るるる

 

近づいてきた申年の足音とともに、昔好きだった五味太郎さんの詩が脳裏によぎりました。
写真は猫をかぶったおさると猫パンチを浴びまくったカピバラくん。
この頃は、あまりにも悲しげに母親を求めるものだから、自作の子守唄をむりやり聞かせていて。そうすると、わたしの親指と人差し指のあいだに吸いつきながら眠ってしまうのでした。その体験は一生の宝ものに。
今でも思い出したかのように吸いついてくる時があります。牙がくいこんで流血です。
今年もたくさんのお心遣い、ありがとうございました。
来年もみなさんが幸わいますように心よりお祈り申し上げます。
動物図鑑 comments(0) 
| 1/2 | >>